夜型生活から朝方生活に変わって

夫の転職がきっかけで夜型生活から朝方生活に変わった。生活スタイルが変わるのは、慣れないうちは、なかなかしんどい。もともと、夫は典型的な夜型人間だった。

長く勤めた以前の職場が、夜勤のシフトもあったので、寝る時間が遅くなる。休日もそうなってしまい、せっかくの休日が半日近く睡眠時間になってしまっていた。

正直なところ、もったいないと思っていたが、生活のために頑張って働てくれている夫の手前、言いづらかった。専業主婦をさせて貰っているので、そんな夫の生活スタイルに自分の生活スタイルを合わせるのは、色々思うことはあるが仕方のないことだと思う。

夫が、転職して、一転、出社時間が早朝になった。まだ暗いうちに家を出る毎日。朝食の支度があるので、当然、自分も、超・朝方生活になってしまった。早い時間に布団にはいる毎日だ。今までの夜型生活の影響で、なかなか眠れない。夫が出社してから寝ずにその流れで家事をある程度終わらせているのだが、ひと段落したら、眠気が襲ってくる。

ついついうたた寝してしまう事もあるが、出来れば起きていた方が夜にしっかり睡眠をとるためには良いのではないかと思う。生活スタイルの変化がきっかけとなって、時間の有効な使い方について考えていきたい。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ