親友と一緒に過ごした海

今日は、十年来の友人と海に行きました。この寒い季節に海です。
誘ったのは私の方で、突然「浜辺で石ころを拾いたい!」という気持ちが沸き上がったからでした。子供の頃、下を向きながら、何かきれいなものが落ちていないか探して歩くのが好きだったのですが、大人になった今でも、その気持ちがたまに再燃するのです。
そして、この突飛な誘いに「いいね」と二つ返事で乗ってくれるのが、私の親友。彼女には物拾いの趣味は無いのですが、なんとなくぼーっとしたいと思っていた、とノリノリでOKしてくれました。
そうして訪れたのが、地元の海です。浜辺には、丸い石や角がまろやかなになった石、不思議な模様が入った石など、私の琴線に触れる素敵な石がたくさん落ちていて、私は「これは良い石だ!」と大興奮しながら収集しました。
対する友人は、木の根元で「これは良い棒だ!」と細長い棒を拾うと、浜辺に落ちている貝殻をつついたり、波打ち際にお絵描きをしたりしていました。海のことも石のことも、彼女のことも大好きだなぁ、と何度も思いました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ