太陽光発電の必要性は

わたしは新築で家を建てた時に工務店の勧めもあり太陽光発電を屋根につけました。当初は売電の買取価格がかなり高い時でもあったのでつける事で電気代はかからないしむしろ儲かりますと言われました。わたしはそれなら良いと思い5キロワットくらいの太陽光発電をつけました。

価格はかなり高く250万円くらいしてと思います。つけてみた感想ですがたしかに毎月ある程度の収入があるので良いと思いますが季節によってかなりのばらつきがあります。多い月で2万円くらい安い月では8000くらいの時もあります。何年か経ってきて若干、発電率が下がって来ているようにも感じています。

これが10年くらい経つ頃にはかなり効率が悪くなるのでコンデンサーの買い替えが必要になってきます。そうするとそれがかなり高い金額のようです。したがってあまり儲けようとは思わない方が良いと思います。

わたしが一番必要性があると思うのが災害があった時などに停電をした場合には太陽光発電があることによって電気を使う事ができるのでそれは凄く良い事だと思っています。昨今、台風や地震などの自然災害で多くの家が停電してしまいしばらくの間電気が使えずに苦労していると聞いています。

しかしながら太陽光発電があることによって最低限の電気は使えるので生活には困らないのではないでしょうか?いや、それは大きな勘違いでした。太陽光発電はパネルのみあったとしても昼間は太陽が差していれば電気を使う事ができますが太陽が沈んでからは発電しないので電気は使えないようです。

これはどういうことかというと夜は電気が使えないのです。意味ないという事に気がついてしまいました。太陽光発電の仕組みとしては、この太陽光発電で発電した電気を貯めておく必要があります。それはどうすれば良いのかというと蓄電池というものを購入してそれに電気を貯めるというものでした。すると昼間発電した電気を夜使う事ができます。しかしながらその蓄電池というものが何百万円もすれというのです。そんな大金で買えるわけがありません。ですから太陽光発電だけでは災害があった時にも使えないから全くもって意味のないものになってしまいます。正直だまされました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ