図面のトレースがしやすくなっている

図面トレースというのは要するに図面を模写して別のところに移すということになります。複製するというような意味であり、模写をする方法は様々です。紙をすかして上からなぞるということもありますし、CADを使うこともあります。CADを使うということになりますのでそれなりに技術が必要になるということはあります。

昔はトレース台などの物を使ってやっていたということがあるのですがはっきり言って今ではそれはものすごく効率が悪いことになりますので基本的にやるべきものといえばなんといってもまずはCADを使うことになるでしょう。

図形のトレースというのは最終的に単にその図を増やすというわけではなく、特定の部分を増やすために行うということが多いです。つまりは、別々に書かれた別の設計のものを一つのものにするために重ねて改めて作るというようなことがあるわけです。こうしたことを図形トレースというのですがCADの場合は本当に情報を入れていくだけでできるのでものすごく簡単にできるようになっています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ