重い腰を上げ学び始めたプログラミング言語は基礎的なC

これまで仕事や趣味のデータ収集・分析を目的として、マクロやVBといったエクセル系のプログラミングを独学で学んでいた私でしたが、将来考えられる転職の武器としてはまだまだ足らない事を自覚しており、先日ようやく重い腰を上げ、新たな言語習得に乗り出したところ。

各々の言語に関して数多くのガイドブックが出版されており、最初はかなり迷ったのですが、結局最も歴史が古く親しみやすいと直感したC言語を選ぶ事となりました。
Cから始めれば将来的にも余裕が出来、更なる発展型であるC++への移行や追加習得もスムーズに進む筈。ソースコードの量や覚えるパターンの数は膨大ですが、始めに覚えてしまえば後は楽、と、今は頑張って学んでいる最中です。

プログラミング学校に通うという選択肢も一瞬頭を過ったのですが、さすがに受講料は高く、結局諦めざるを得ませんでした。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ