マスクの効果は菌予防よりも保湿

この前、マスクについての記事をネットで見かけたので読んでみました。マスクと言えば皆風邪予防に、ウイルスや菌予防にと思って着用する人が多いと思います。実際に私もそういうところがあるのですが、実は思っているほど菌やウイルスをマスクでブロックできるわけではないみたいです。

でも医療関係の人たちはそれでもマスクをする主な理由は「喉の保湿のため」だそうです。喉の保湿は結局喉からの風邪の予防になります。喉の一番嫌な敵は乾燥です。乾燥から喉の風邪が始まったりするので、やはり保湿はいつでも大事なのです。保湿といった面での風邪予防にマスクは十分効果的だそうです。なので結局マスクの意味は十分あるということです。なるほど、と思いながら、マスク以外の要素、つまり運動や食事や睡眠、手洗いやうがいなどもしっかり続けようと思いました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ