プログラミング教育の現状

プログラミングが昨今、注目を集めています。プログラミング能力は人手不足を解消し、生産性向上に欠かせない能力ですが、大手企業も中小企業も高度IT人材が圧倒的に不足しているためです。これは長年の教育政策の失敗に原因があると思われます。

こうした流れを受けて、今、プログラミングスクール産業が活気があります。学生や社会人だけでなく、小中学生というように低年齢化が進んでいます。国や企業からも、こうしたプログラミング教育に対して積極的な支援が行われています。

プログラミングスキルを高めれば問題は解決するように思われますが、問題はそれだけではありません。プログラミング能力と英語能力は密接な関係にあるためです。よって、英語教育の問題とセットでこのプログラミングの問題を考えるべきだと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ