外国人が就労ビザを取得するうえで必要なこと

いまや日本は外国人が活躍する社会となりつつありますがそれにあたり必ず就労ビザが必要となります。労働ビザは日本国籍を持たない外国人が日本で働くうえで必要なものです。基本的に就労ビザは一人一種類となっており、その対象となる職種は様々です(医療

・経営・報道・技術職・技能などその他様々)。しかし就労ビザは特定の仕事一つに対して申請が受理されます。そのため例として報道用の就労ビザを持っているが、そのビザで他の仕事をすることはできません。もし他の仕事に就く場合は改めて労働ビザの最新性が必要となります。就労ビザの申請方法はまず日本国内の最寄の入国管理局へ行き、必要書類を苦際して申請します。しかし必要書類差は様々にあり、個人ですべて行うことが難しいという方もいます。

その場合、行政書士が代行して申請をすることも可能です。初めて就労ビザを申請する際は申請書に加えて身元証明書・パスポート・履歴書・勤務先について情報が記載されている書類や資料・日本での居住場所の証明書・学歴や職歴証明書・証明写真などが必要となります。またすでにビザを取得していても有効期限がある為定期的なビザの更新も必要となります。労働ビザは職種によってその有効期限が異なります。またもし有効期限が切れてしまっていると不法滞在と扱われるため強制送還されかねません。自分の労働ビザの種類や有効期限をしっかりと把握しておき、申請することが外国人が日本で働くには求められます。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ