食品原材料表示はなぜされているのか

人間のみならず、動物というのは食べ物を摂取しなければ生きていけません。最近のコンビニやスーパーなどでもあらゆる商品が売られていますが、食品を腐らせないとか、野菜などの虫の予防などのため科学物質が使われているという現実があります。

確かに明らかな毒物であったり、人体に影響があるなど、そういったものは違法となっているはずです。そういった化学物質は毒性がないもの、あるいは規定で人体に害がないとされた微弱な分量のはずです。

それでもやはりできるだけ化学物質を避けたいと考える人もいるかもしれません。そうなると、一般食品を買うにしても何を使われているかを見ていく必要があります。

どの商品であれ、なにが使われているのかが表示されているものです。カタカナで、よくわからない名前が明記されているところだという印象があるかもしれません。しかし、それを記載することにより食の安全が図られ、消費者側も購入の検討材料にしているのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ