おじいさんの忘れ物とは

今日はラッキーなことに、電車で座席に座れました。

隣はおじいさんで、こっくりこっくり居眠りをしていました。

何駅か過ぎましたが、おじいさんは私の方に倒れかかりながらこっくりこっくり。

 

5駅目あたりでしょうか、

アナウンスで

「◯◯駅〜◯◯駅〜」

 

突然、眠っていたおじいさんが飛び起きて、

慌てて、閉まりかけた扉から降りて行きました。

 

車内は満員電車ではないですが、ずらっと立っている人がいるくらい混んでいるのに、

誰も、私の隣のおじいさんがいた場所に座ろうとしません。

 

そして、周りから、何かクスクス笑う声もします。

 

「えーなに?おじいさん、お漏らしでもしてあるのかな・・・」

と、不安になりながら、ちらっと隣のシートを見てみると、

 

なんと、そこには、総入れ歯がちょこんと置いてあるのです。

 

今にもカタカタ笑い出しそうな入れ歯です。

 

おじいさん、居眠り中に入れ歯が邪魔だったのか、手で持ってたのでしょうか。

慌てて降りたため、シートに置いていってしまったようです。

 

ちょっと気持ちが悪いし、なんとなく私も恥ずかしかったので、席を立ちたかったのだけど、それもなんだか恥ずかしくて、

見なかったことにして、入れ歯の隣に座り続けました。

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ