料理は愛情より手際の良さ

料理は愛情だと言われていますよね。

たしかに家族のことを考えて手をかけた料理は愛情いっぱいで美味しそう。

でも愛情いっぱいの料理だから美味しいわけではないんです。

 

私は毎日食事の支度をしています。

自分が食べるものは適当でも家族の食事は手を抜けません。

 

毎日料理をしていて思うのが、「美味しい料理を家族に食べさせたければ愛情より手際の良さが大事」ということ。

例えば野菜炒めを作る場合愛情よりも手際の良さで出来が違う。

野菜をいつまでも炒めていると野菜から水分が出て、びしゃっとした野菜炒めになってしまいます。

 

しんなりしたキャベツ、しんなりして色が変わったビーマンは見た目が悪いし味も落ちます。

野菜炒めは強火で、野菜から水分が出る前に炒め終わると美味しく仕上がり見た目も良いです。

料理は愛情より手際が大事かもしれませんよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ