犬をペットホテルに預ける時の注意点は?

犬を飼っていると毎日散歩をしなければいけないので長期間の外出をする時はペットホテルに預ける人が多いです。ペットホテルではオプションを付けると散歩をしてくれるので犬を預けるとすごく助かります。しかしペットホテルに犬を預ける時は注意しなければいけない点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこでどのような点に注意しなければいけないのか確認していきましょう。

 

・狂犬病証明書を提出しなければいけない

 

犬を飼い始める時は狂犬病の予防注射を受ける事になります。狂犬病の予防注射を受けた後に狂犬病証明書を発行してもらう事が出来ます。それでこの犬は狂犬病の予防注射を受けているという証明をする事が出来ます。ペットホテルも狂犬病の予防注射を受けている犬である事が利用条件になっているので狂犬病証明書を提出しなければいけません。実際に犬をペットホテルに預ける時は狂犬病証明書を準備しておくようにしましょう。

 

・首輪とリードを用意する

 

犬は毎日散歩をしなければいけないので首輪とリードを持っている人がほとんどでしょう。犬をペットホテルに預ける時もオプションを付ければ散歩をそてもらえるので首輪とリードを用意する必要があります。首輪とリードを忘れてしまうと散歩してもらえないので注意しましょう。

 

・体重制限がある場合も

 

大型犬から小型犬までいろいろな犬種がありますが、体重が多い犬は負担が大きくなるのでペットホテルによっては対応していない事もあります。大型犬をペットホテルに預けたいと考えている人は体重制限がある事をしっかり頭に入れておくようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ