税理士を選ぶなら3つの基準に注目しましょう

税理士を選ぶ基準はいくつかありますが、

その中でも特に重要な基準が3つあります。

それは、先生面しない、わかりやすく物事を説明してくれる、定期的に訪問してくれる、の3つです。

 

特に、先生面をしない税理士を選ぶことは重要です。

税理士や公認会計士は、一般的に先生と呼ばれますが、

これはあくまで敬称のようなものであって、顧客より税理士の方が偉いわけではありません。

この辺がよくわかっていない税理士にあたると、俺が面倒を見てやってるんだから文句を言うな、

という態度で接してこられるので、色々面倒です。

ですので、税理士を選ぶ時は、税理士も一つのサービス業だということをよくわかっている、

そんな税理士を選ぶといいでしょう。

 

地方の方に行くと、どこか偉そうな税理士がいることもありますが、

恵比寿 税理士や新宿などの都心部へ行くと、そういうこともなくなるので、

可能なら、税理士は都心部の人から選んだ方がいいでしょう。

もちろん、地方にも腰の低い税理士がたくさんいるので、一概には言いきれませんが

競争が激しい都心部の方が、先生面をしない人が多いことは確かなので、

税理士を選ぶ時は、その辺のことを考慮した上で選びましょう。

 

他にも、わかりやすく事情を説明してくれたり、定期的に会社などを訪問して

コミニュケーションをとってくれるという点も重要です。

税理士の中には、相手に説明する時に専門用語を羅列したり、

こちらから出向かないとほとんどコミニュケーションをとってくれない人がいますが、

そういうタイプの人を選ぶと、なにかトラブルが起きた時にやっかいなことになりますので、

そうなりたくなければ、親切でわかりやすい説明をしてくれる税理士を選んだ方がいいです。

 

腰の低さ、説明力、積極的にコミニュケーションをとってくれる、

この3つの基準が税理士を選ぶ上でもっとも重要です。

恵比寿や品川など、東京都心部の税理士事務所はレベルが高く、

これらの条件を満たしてくれる税理士がたくさんいるので、

可能ならこれらの地域の税理士と契約することをお勧めします。

 

東京近郊に住んでいないから東京都心部の税理士は雇えないと思われる方もいるでしょうが、

今は遠方にいてもメールや電話で頻繁に連絡を取り合うことができる時代なので、

税理士と契約したいなら、恵比寿あたりにいる高いレベルの税理士と契約することを、

一度は考えてみるといいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ