B型肝炎の検査はしっかりと行っておこう

さまざまな病気についてそれほど詳しくない方でも、B型肝炎という病名を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
詳しくはこちら(http://bkan-bengoshi.jp/)を参照下さい。

B型肝炎ウィルスに感染している人は、世界に3億5000万人ほどいると推定されており、現在でもその感染者数は増え続けています。

B型肝炎ウィルスへの感染は母子感染が主な理由となっていますが、決してそれだけが原因ではありません。

それ以外にも、「水平感染」と呼ばれる経路によって、多くの人に感染していることが確認されています。

水平感染とは、母親の妊娠時や出産時に感染するもの以外の経路をまとめて指すものです。

そしてその中でも、最も代表的な感染経路となるのは、「性交渉」でしょう。

B型肝炎ウィルスに感染した人が性交渉を行うことで、相手がB型肝炎ウィルスに感染するリスクが高まるのです。

それ以外にも、たとえばタトゥーを入れたり、ピアスの穴を開けたりすることでも、B型肝炎ウィルスに感染してしまう可能性はあります。

特に不衛生な器具を使用してしまったケースでは、より感染の危険性は高まるといえるでしょう。

もちろんタトゥーを入れたり、ピアスを装着するための穴を開けたりといった行為は、個人の自由意思で行われるべきものです。

しかし少なくとも、その際にB型肝炎ウィルスに感染してしまう可能性があるということを知っておくべきでしょう。

では、万が一B型肝炎ウィルスに感染してしまった場合、どのような症状が表れることになるのでしょうか?

まず知っておいてほしいのは、B型肝炎ウィルスに感染してしまったからといって、その全ての人に自覚症状があるわけではないという点です。

一時的に強い肝炎を発症するケースはもちろんあるのですが、30代までに発症した方の中でも8割から9割の方は、その後激しい肝炎を発症することはありません。

これがいわゆる「B型慢性肝炎」と呼ばれる病気の症状です。

ただし、たとえ自覚症状がなかったとしても、B型肝炎という病気に冒されていることには変わりありません。

治療のタイミングを逸してしまえば、劇症肝炎をきたす危険性も残ってしまいますし、事前に行える治療があるケースでは、しっかりと行っておく必要があるといえるでしょう。

特に自覚症状がないという方も、医師に相談して一度血液検査を行っておくことをおすすめします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ