自分は意志が強いという根拠のない自信

夜寝るときは、「明日の朝はさっと起きてすばやく身支度しよう。できるはず」と思うのですが、朝になるとそんなことすっかり忘れてお布団から出たくなくなりますね。夜に「明日は眠くても起きるぞ」と思っている自分と朝になって「もう少し寝ていよう」と思う自分は別の人間のようです。

人間の意志は弱いものですね。

心理学者(だったと思う)が言っていたのですが、人間の意志力はそもそも弱いもので、人間は心変わりするし誘惑に弱いものだそうです。そして、「自分は意志が強い」と思い込んでいる人ほど誘惑に負けて依存症になりやすいのだそうです。「人は意志が弱い」と知っている人は、誘惑に近づかないように用心するけれども、「自分は意志が強い」と思っている人は「自分なら大丈夫。ちょっと試すだけでいつでも後戻りできる」と思い込んで誘惑に近づいて行ってしまうからだとか。人間の行動や習慣は環境や誘惑に左右されやすいという事実を身をもって知っている人のほうが上手に自分の行動をコントロールできるそうです。

というわけで自分も「明日は早起きできるに違いない」という根拠のない自信を捨てて、「早起きしやすい環境」を整えるようにしようと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ