相続が始まったら考えなくてはならないこと

相続が始まるという事は、身近な人が亡くなったという事でもあります。そのため、悲しみに暮れている時間は確かに必要です。しかし、相続手続き自体は早めに進めていかなくてはなりません。なぜかというと、相続放棄などが必要な場合、期限があるためです。期限を過ぎてしまうと放棄したくてもできなくなってしまいますから、早めに決断をすることが必要になります。

相続放棄をするケースというのは、例えば親の借金が残っていてそれを引き継ぎたくないという場合です。場合によっては借金があること自体を伝えられていないことも多く、後になって初めて大きな借金があることに気づき、あわてて放棄をしようとしたけれど間に合わなかったというケースもあります。子供などに迷惑を掛けたくないと、借金を一人で抱えている方もいます。そういった場合は気が付くのが遅くなり、相続放棄ができなくなってしまう事もあるのです。そうならないよう、早めに相続の処理を始めていく必要があるのです。心理的に亡くなってすぐにお金の話をすることは避けたいものですし、周りから何か言われそうで気になるものですが、自分の生活を守るためにも、相続する物の確認は早めに済ませておきましょう。相続がプラスのものだけ手ではなくマイナスのものもあるのだという事を意識しておくことが必要です。

大体相続開始から3か月で期限を迎えることになります。それを過ぎてしまうと手続きができなくなり、単純承認したものとして借金まですべて相続することになるので注意しましょう。ぎりぎりになってしまうと、必要書類をそろえるなどという事が間に合わないこともあります。余裕を持って手続きできるように、早めに調査を始めておきましょう。スタートが早いほど、どうすべきか考える時間も生まれます。

自分が相続人になった時だけでなく、相続される側になることも考えておきたいものです。多くの借金があり、それを子供などに継がせたくない場合はその旨をきちんと伝えておいたり、遺言に残しておくなどすると良いでしょう。

手続きなどについて不安があれば、弁護士などの専門家や相続放棄の診断窓口に相談してみるとよいでしょう。何をすればよいかがはっきりすることで、動きやすくなります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ