自分の代わりに探偵に復讐代行を依頼する人達の心を救う

インターネットでの出会いも多くなってきた中で、彼女・彼氏・妻・夫がいることを隠して、パートナーがいないから出会いを求めていると偽りのプロフィールをのせ、実際そこで出会った人に真剣交際・結婚を匂わせる発言をして交流を深めていき、その嘘がバレた時に、突然連絡を断ったり、行方をくらましてしまいどこにいるのかわからない場合、相手の本当の正体を知りたい・どこにいるか探してほしい・自分を不幸にしておいて何食わぬ顔で日常生活に戻るなんて許さないという強い思いを依頼者から受け取った探偵が、依頼者から情報を聞き出し、依頼者と探偵の金銭面などの条件の利害が一致した場合に動くのが仕事です。

ただ依頼者が相手の真実を知りたいからと、身辺調査するだけで終わる場合もありますが、探偵に高額なお金を支払い、自分の貴重な時間を使ってまで別れた相手のことを知りたいと思う人は、相手の本性を改めて知ったとき、悲しみよりも怒りの感情が増す人がほとんどなので、ここから本格的に探偵に自分の代わりに相手をこらしめてほしいと復讐代行を依頼することになります。

依頼者は相手に損害賠償を求めたい・相手の家庭を壊したいわけではなく、きちんと心から謝罪してほしいと思っている人がほとんどです。相手が面と向かって罪を認め、頭を下げて謝罪したことではじめて、依頼者は相手との関係にキリをつけることができ、未来への一歩を踏み出せるのではないかと思います。そうするためにも、きちんと終わりを迎える必要があるんです。

相手を見つけて自分が相手と話し合おうとしても、相手はしらばっくれたり逃げようとする人が多いので、話し合いにはなりません。しかし、プロの探偵が間に入ってくれたら、そういった事態を防ぐことができます。探偵は依頼者の復讐を平和的に成し遂げるのには必要な存在です。人をだます人は一度天罰を与えないと再び同じことを繰り返すので、別の新たな被害者を生み出さないためにも、自分がやったことの罪をしっかりと自覚させておかなければなりません。テレビなどでもこういった番組がたまに放送されていますが、探偵から逃れられた人は見たことがないので、相手にだまされて泣き寝入りをするぐらいなら、探偵に依頼したほうがきっと自分にもプラスに働くはずです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ