子どものお手伝いのお駄賃

我が家は、子どもたちのお小遣いが少ない代わりに、お手伝いのお駄賃制をとっています。高校一年生の息子は、毎晩の食器洗いを担当しています。といっても、使った食器を食洗器にかけて、手洗いするものは手洗いして、という作業ですが、一回20円でやってくれています。月々のお小遣いが3000円なので(友達に聞くと、たいてい5000円らしいですが)、それプラス、ひと月で6~700円になるわけです。

そのほか、買い物もちょこちょこ頼まれてくれるのですが、その時のお駄賃も、お釣りの中から数十円あげるだけで、ちゃんと喜んでくれるのです。この前は、2円あげただけで喜んでいた(笑)。中学二年生の娘は、月々のお小遣いは1000円。そしてお手伝いの方は、お米とぎをしてご飯を炊くと、5円稼げるシステム。我が家は大抵無洗米を利用するので、さっと水で流しておしまいなのですけどね。

こちらも、「3円じゃないんだ!5円ももらえるの!?」と喜ばれた上での料金設定でございます。親としては、まだまだ素直でかわいいなぁ、などと思うのですが、友達と大きく金銭感覚のずれがあったりして・・・。まぁ、いつ賃金値上げ交渉をしてくるのかドキドキしながら、今後も末永く頑張ってもらいます(笑)。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ