新しい保険証が送られて来ました

私が利用している保険証は通称「国保」と呼んでいますが、正式には「国民健康保険被保険者証」なんですね。国保の有効期間は1年なので、市役所から毎年新しい保険証が送られてきます。

今まで病院にかかると3割の個人負担がありましたが、70歳を超えると負担金の割合が2割になります。たまにしか病院にはかかりませんが、何となく得した気分で嬉しくなります。でも友人の場合は、高齢者受給者証に一部負担金の割合が2割(特例措置により1割)と書かれており、負担金は1割だそうです。この特例措置はずっと続いているようですが理由は分かりません。この話を聞いて何となく解せないですが、どこかで線引きをしなければならないので仕方ありませんね。

先日新聞で私の街の国保が1.5億円の黒字とかかれていましたが、よくよく最後まで読むと一般会計から3億円繰り入れての話だそうです。相変わらず医療費は毎年膨らんでいるそうで、特に75歳以上の後期高齢者を平均すると年間に94万円以上もかかっているようです。これには驚きました、医療の進歩に伴い高額な薬の使用や病院の最新医療機器の導入が底上げしているのでしょうか、健康第一ですね、なるべく病院にかからないように気を付けたいと思っています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ