最近のプロジェクターレンタルの使われ方

最近は、ビジネスの世界でもパソコンのプレゼンツールが使いやすくなり、多くの場面で大型スクリーンに資料を表示させて説明するシーンが増えてきました。

この時に利用させるのが、プロジェクターです。

会社では、事務機器の1つとして、備品扱いで納入したり、リーズ契約で使われることが大半です。

しかし、中にはプロジェクターレンタルが利用される場合も少なくありません。

それは特殊な場面や年に数回の利用機会の時になります。

特殊な場面と言えば、プロジェクションマッピングです。

立体的なコンテンツをビルや公共的な建物に表示させるのです。

これは、何か大きなイベントやフェスティバルなので、使われることが多いと思われますが、この時に使われるプロジェクターはかなり高額で大型のプロジェクターになります。

一方で年に数回の利用となると、例えば、企業で言えば、全国巡回の展示会やイベントで使う用途です。

特に展示会では、プロジェクターに投影する見せ方も企業の趣向を凝らした内容が増えてきていふ感じがします。

前述のプロジェクションマッピングとしての見せ方もあれば、後方からスクリーンに映し出すリアプロジェクター投射で、美しく高精細な映像コンテンツを来場者の目を楽しませたり、感心させたりする効果があります。

レンタルで利用されるプロジェクターは、小型のポータブル機もありますが、これらのように大型で特別な利用の時に貸し出しされることが多いと思われます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ