少ない予算で効率良く育成するファイターズの育成システム

圧倒的に若手の多いチーム編成ながら、パ・リーグではソフトバンクホークスと共に強いチームとして知られる北海道日本ハムファイターズ、そのファイターズの育成システムには少し驚きました。

まずは育成選手制度がある現在のプロ野球の中では広島カープと共に育成枠を設けていない事はよく知られてます。これは試合で経験を積ませる事こそごが育成と言う首脳陣の強化方針によるものです。

ちなみにドラフトで獲得する選手のうち、大学生、社会人については概ね即戦力として、高卒の選手は育成して数年後に一軍で起用できるまでに育てると言った環境が整っている様にも感じます。

高卒選手の育成についてですが、基本的には最初の一年間はプロ野球選手としての基礎体力を作る事に重点を置くチームが大半を占めていますが、ファイターズの場合、高卒の新人選手であっても二軍戦で積極的に起用していきます、ちなみに現在主力として活躍している選手のほとんどが新人の頃から二軍での試合で経験を積み、場合によっては一軍での試合でも経験を積ませて現在に至ってる選手達です。

予算は決して多くないですが、育成のモデルケースとして他球団からも注目されている一つの理由がそこにあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ