暑苦しい実家で快適な寝室環境!すのこべッド

現在35歳の女性、主婦です。私の実家はかなり遠方で、去年の夏に数年ぶりに子どもを連れて帰省することが出来ました。嬉しい反面、「こっちの夏場って、こんなに蒸し蒸ししていたっけ…」と感じるくらいの湿気の多さ、そして蒸し暑さでした。私と子どもは、クーラーのある小部屋に布団をしき、除湿機能をかけながら眠っていました。ですが両親の寝室に、クーラーはついておらずに扇風機だけがおいてあるのです。

「お父さんお母さん、本当はクーラーつきの部屋で寝たいのに、私たちに遠慮しているのでは?」と聞いてみたところ、「いや、うちらはすのこベッドで冷感マットしいてるから平気なの。お母さんは特に冷え性だし」と平気な顔で答えました。

そもそもすのこベッドという言葉を聞いた言葉がなかった私は「は?ベッドがすのこ?」と目を丸くしました。実際に母がマットレスをめくってみせると、本当にそこにはまごうかたなき、すのこがあったのです。

「前に使っていた普通のベッドは下の方の空気が蒸れるし、かといって床や畳に直に布団を敷いても暑いものだから、こうやって体の下に空気が通るすのこベッドが一番涼しいと感じるのよ」と言われました。すのこベッド通販でまず暑がりの父がシングルを買って試しました。使ってみて「これは確かに涼しくて快適」と効果が実証された所で、母用にもう一つを追加ですのこベッド通販したのだそうです。

そのすのこベッドで一度ためしに昼寝をさせてもらった際、私も確かに体の下の暑苦しいムレ感をほとんど感じませんでした。がぜんすのこベッド通販ショップに興味がわいたので、自宅用にも今夏導入しようかと検討しているところです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ