眠る前の切なくて幸せな時間

好きな人がいます。

結婚してるけど、恋してます。

子供が2人いるけど、

お母さんだけど、

好きな人がいます。

出会いは子育てに必死でボロボロだったとき。

Tシャツにジーパン、

足元はクロックスで、

髪の毛はいつも1本に結んでるだけ。

化粧なんて適当。

寝不足でいつもグッタリしてた。

子供を連れてお散歩に行くとき、

時々会う、あの人。

いつも笑顔で、元気で…。

あれ、なんか、ドキドキしちゃう。

好き…なのかな?

私、結婚してるのに、子供いるのに、

お母さんなのに、

恋をしてしまったの?

いやいや、そんなことはない、ない、

子供のことでいっぱいいっぱいなのに

恋なんてするはずないよ。

って無理矢理否定していたけど、

その想いは日に日に確信に変わったのです。

スカートを履くようになりました。

髪の毛を下ろして、時々巻き髪をするようになりました。

きちんとお肌のお手入れをして、

お化粧するようになりました。

いつ会っても良いように。

ちゃんと目一杯の笑顔で挨拶できるように。

私の中の「女性」が開花してしまいました。

子供を産んだら「お母さん」以外の何者でもない、

と思っていました。

恋をするなんて

もう二度と経験できないと思っていたのに。

子供たちが寝付いて、

今日も必死だったな、私お疲れ様、

って心の中でつぶやいた後、

「会いたいなぁ」って思ってしまう。

それが切なくて、穏やかで、幸せな時間です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ