古典派の内容を理解する秘訣

音楽学上、古典派は、どのような存在でしょうか。

或は、換言すると、西洋史と対比する事によって、有益な視点を提供する事ができるでしょう。

例えば、J.S.バッハ(1685年から1750年)がいます。

バッハが生きた時代は、啓蒙主義へとつながっていきます。

もちろん、バッハが生きた時代は、絶対主義の時代と言えるでしょう。

ドイツでは、神聖ローマ帝国です(複数の領邦君主(諸侯)が存在します)。

そして、イギリス、フランスにも、国王は存在します。

但し、この時代、イギリスでは、新しい動きがある事は、大事な部分です。

イギリスのこのような出来事は、今日のあり方にとって、とても肝心な在り方です。

それでは、バッハには、どのような理解を示す事が良いのでしょうか。

所謂、「音楽の父」と呼ばれます。

音楽学上、平均律(曲集『平均律Ⅰ、Ⅱ』)があります。

これは、「A」を基本として、ここから、均等に音程(hz)を調節する方法です。

これによって、すべての調で、奏でる事ができます。

だから、「平均律」は「純正律」と対比して、「濁っている」事は知られます。

バッハの、この試みは、存在するすべての音楽を、この方法によって、すべて把握する試みと言っても良いでしょう。

だから、彼は、「音楽の父」と呼ばれます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ