たまにしているプチ登山

今日は近所の山にプチ登山にいってきた。何もなく小高いだけの山だが、それでも自然の中に没入できるあの感覚はお金じゃ買えない。

ところどころに生えている食べれるかどうかもわからないキノコ、木陰に小さく水たまりのようにできる日向、ゆたかな植生、地を這う虫、名前も知らぬ鳥のさえずり……すべてを楽しむ。

まともに整備もされておらず、傾斜も少し急だが、それでも楽しい。なにより空気が澄んでいる。頂上までの中頃ほどで一度深呼吸。空気がおいしい。

頂上までくると、街を一望できる高台にのぼって見渡す。自分の家がどこにあるか探してみたりして。大きなショッピングモールや、マンションが小さな家並みの中でひときわ目立つ。

登山は帰るまでが登山だ。いちど登ってきたはずの道も、下りだとまた違った印象を受ける。下山の時は滑らないように注意しないと。

帰宅するとまっさきにお茶を汲んでのむ、乾いたからだに水分が全身にまでいきわたる。次はいつのぼろうかな。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ