朝飯は絶対に食べるべき

高校生までろくに朝飯など食ったことがなかった。そのせいなのかは知らんがちょっと太っていたし寝坊も多かったと思う。つまり今はそうではない。理由は、朝飯を食べたからだ。朝飯を食べることによって、変な時間にご飯を食べない。腹が減って朝勝手に起きることができる。朝から大便が出る。特に重要なことは、早起きだ。早起きは三文の徳というが、早起きをすれば時間ができるし学校にもよほどのことがない限り遅刻はしないだろう。

このようにいいことだらけだが注意も必要だ。食いすぎないことだ。食いすぎると当然太るだろうしなにせ食った後眠くなってしまう。早く起きたのにそれはもったいないだろう。なんでもやりすぎに注意だ。俺は、たくさん食いすぎたのでいまだに少し太っているので朝飯を食ったほうが太らないというのは嘘だと思っている。まぁ自分が悪いのだろうが。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ