DIYでのエアコンクリーニング

昨年の夏の話です。いよいよ暑さも増してきて、寝苦しくなってきたので、エアコンを稼働させました。すると、埃のにおいというか、カビのにおいというか、何とも言えないにおいを感じました。ネット検索とかで業者さんのクリーニングを見たんですけど、我が家の家計ではちょっと苦しい…。そこで、自分でエアコンクリーニングをしてみることにしました。

よく、ホームセンターで販売されているスプレータイプの洗浄剤を使って、中をきれいにしてみようと考えたわけです。実際に買ってきて、説明書きを読んでみると、私でも十分できそうな内容。そこで、さっそく作業開始です。エアコンの下部にビニールを張り付け、周囲を目張りした後でスプレーをまんべんなく吹き付けていきます。1缶丸々吹き付けるのに10分ぐらいかかったかと思います。

すると、湿気を外に流す排水管から黒い汚れが流れてきました。これが原因か!と思うと、なんかすっきりした気分です。その後エアコンを稼働させても、とりあえず匂いはしません。大成功と言っていいでしょう。ただ、私のビニールの貼り付けが甘かったこともあり、薬剤が床にたれ落ちて、その部分だけ漂白されたように白くなってしまいました。実際にクリーニングする際は床にも養生をしたほうがよさそうです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ