DVDにダビングしておいた方が良かったかも

最近では公的な文書やビジネス文書などでもそうですが、なんでもデジタル化をして保存をするということが増えてきましたよね。文書だけではなくて、昔撮った8ミリビデオをデジタル化したり、録画していたビデオテープをデジタル化してビデオデッキなどが無くてもまた見られるようにすることもけっこう需要が多いみたいです。実はうちでもビデオデッキはずいぶんと前に処分してしまって、そのときにビデオテープも一緒に処分したのですが、やっぱり8ミリビデオのDVDへのダビングしておけば良かったかな~と思うこともたまにあります。

うちのように録画したテレビ番組などであればあきらめもつきますが、ビデオ撮影した子供たちの成長記録などであれば絶対にDVDにダビングしていたと思います。保存状態もビデオテープのままであるよりも良くなりますし、保存場所も省スペースになるのでいいと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ